ゴム印の便利さ

印鑑イメージ

会社や商店などの法人を設立しようとした場合に必要になってくる印鑑として、次の3つの印鑑が挙げられます。
まず、登記申請に必要で法務局に届け出なければならない代表印です。
代表印がなくては会社設立の手続きができないため、これは必要不可欠な印鑑といえます。

次に、銀行など金融機関に登録するための銀行印です。
これは、セキュリティの面からも重要な契約に使用される代表印とは分けて使用したいものです。
それから、会社の認印として頻繁に使用される角印も準備しておきたいところです。
以上の3つの印鑑があれば、とりあえずは事足ります。

しかし、業務を円滑に進めたいと思うのであれば、持っておいたほうがいい印鑑の類はまだまだあるのです。
例えば、封筒の裏に記入しなければならない自社名と所在地。
仕事内容によっては、毎日膨大な量の配達物を取り扱わなければならないこともあるかもしれません。
そんなときに、いちいち手書きで自社名と所在地、加えて電話番号やメールアドレスなどを書いていたのでは、とても効率のいい仕事であるとは言えず、人件費もかさみもったいないです。
パソコンでの出力も面倒で時間がかかりますし、スピードが求められる業務の場合、ふさわしくありません。

このようなときにとても便利に使用できるのが、会社名と所在地などが刻印されたゴム印です。
上記の3つの印鑑のほかに、このゴム印も合わせて作っておけば、業務のあらゆる場面で応用的に使用することができ、その便利さに作っておいて良かったと思われることでしょう。

ページの先頭へ