どうして二重丸?

イメージ画像

株式会社など法人を設立しようとした際に、代表取締役や理事などの代表印の提出が求められます。
この代表印には一般的にどのような印鑑が使用されているのでしょう。
商業登記規則によると、代表印とされる印鑑には一定の決まりがあるようです。

まず印影の大きさについてです。
印影とは用紙などに押印された印のことで、この印のサイズが同規則で規定されています。
1辺が1cmの正方形に収まるもの、または1辺が3cmの正方形に収まらないものであってはならないとされています。
つまり、印影は小さすぎても大きすぎてもいけないわけです。
それから、印鑑は照合に適するものでなくてはならないとされており、印影がはっきりしている明確なものであることが求められます。

ここで面白いのは、印影の具体的なデザインが定められていないということです。
一般的に代表印は二重丸のデザインが使用されていますが、必ずしもこの形にこだわる必要はなく、印影のデザインは自由に決めることができるのだそうです。

それでも、代表印の作成をしてくれるネットショップなどをのぞくと、印影は自由にできるというような記述はなく、二重丸のデザインで作成するのが当たり前のような扱いになっています。
たぶん、二重丸のデザインがすでにテンプレート化されていて、二重丸以外のデザインだとオーダーメイド的な取り扱いになるのでしょうね。
たとえそうであったとしても、代表印のデザインは自由に設定しても法律上の問題はないですよ、ということをショップの利用者に周知させてほしいものです。

このページの先頭へ