会社の印鑑ってどれ?

イメージ画像

会社には会社専用の印鑑がいくつか存在します。
会社の設立時に登記申請を行うために法務局に届け出た「代表印」と、金融機関に届け出た「銀行印」、そして、会社の認印として使用頻度の高い「角印」、会社名と会社の所在地を刻印した「ゴム印」です。
それぞれ使用目的や役割が異なり、重要度や使用頻度にも差があります。

では、漠然と「会社の印鑑」と言った場合、それは一体どの印鑑を指すのでしょうか?特に新入社員などは、よくここで難しく考えすぎる傾向がありますが、ちょっと立ち止まってもう一度落ち着いて考えてみてください。

まず、代表印についてですが、これは重要な契約時に会社の意思表示として押印されるもので、会社の代表者に厳重に管理されている印鑑です。
普段の業務では一般社員が押印するなんていうことは全くと言っていいほど考えられないことなので、代表印については悩む必要はありません。

それから銀行印についてですが、これもまた使用目的は明確です。
銀行の取引において使用される印鑑なので、よく押印する使用者も決められている場合がほとんどですし、特別迷うことはありませんね。
また、角印については、主に封筒の裏や会社のパンフレットなどに手書きで会社名や所在地を記す代わりに使われるものなので、会社の印鑑と言った場合にはこちらは該当しないものになります。

結局、「会社の印鑑」とはそのときそのときの状況や役割で判断しなければならないということです。
それでももし悩むことがあるようなら、自分が社長や代表取締役など会社の代表者でない限り、単純に会社の認印といえる角印を指し示していると考えればいいと思います。

世界に一つの印鑑
http://www.justeuneillusion.org/
法人の意思表示の印鑑
http://www.amg-us.com/

このページの先頭へ